太っているけどバストが小さい!これ以上太らずにバストアップできる?

太っているぽっちゃり女子はバストも大きいというイメージが世間的にはあるかもしれません。ですが、実際は太っている=バストが大きいというわけでは必ずしもなくて、むしろ体に釣り合わない小さいバストに悩んでいる人は多いんです。

太っているけどバストを大きくしたいならどういった方法が一番いいのでしょうか。

まず、太っているということは、脂肪が体にたくさんある状態です。ただ、その脂肪が残念ながらバストまではいってくれなかったんですよね。

バストは脂肪と乳腺でできているので、この場合考えられるのは脂肪量よりも乳腺の発達がうまくいっていないんじゃないかということ。

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの分泌が重要な役割を果たします。女性ホルモンの分泌が十分でないと、乳腺を発達させることが難しくなるんです。

女性ホルモンの分泌量は繊細な条件で変わってきます。たとえばダイエット。太っている人の中には極端なダイエットを繰り返している人も多いのではないでしょうか。絶食に近いようなダイエットをしてはリバウンド、、、なんてことを繰り返していると、体のホルモンバランスが崩れてしまいます。もちろん女性ホルモンのバランスも崩れると言う結果になります。

また、偏った食生活もホルモンバランスを調節できなくなる一因。お肉やスイーツばかり食べて野菜などをあまり食べないというような食生活を続けていると、ダイエットの面だけでなく、女性ホルモンの分泌にもマイナスの影響が出てしまいます。

そのほかにも、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などがホルモンバランスを乱す要因として考えられます。こうした悪習慣がある人は、今すぐその習慣を見直すようにしてください。バストアップに一番大事な部分なんです。

ただ、女性ホルモンの分泌を促進してバストアップをはかろうとする際は注意も必要です。ひとつは副作用。女性ホルモンと同じような働きをするプエラリアミリフィカのバストアップサプリは小さい胸を大きくするために有効とされていますが、作用がとても強いために婦人科系・胃腸系の副作用が出たという報告もけっこうあるんです。バストを大きくしたいあまり、体に不調が出てしまっては意味がありませんからね。

また、太っている方の場合、こうしたサプリを副用することで今以上に太ってしまう可能性もないわけではないということは頭に入れておきましょう。そもそも女性ホルモンというのはふくよかな女性らしい体つきの源になるもの。痩せたいけどバストだけ大きくしたいと思っているなら、こうしたバストアップサプリは注意しながら副用しないといけません。

直接的にバストに脂肪を増やすなら、塗った部分だけの脂肪を増やしてくれるという「ボルフィリン」という成分を配合したバストアップクリームでマッサージをするというのも選択肢になるのではないでしょうか。

バストアップクリームは、サプリのように直接口に入れるものはないので、副作用のリスクが小さいというメリットもあります。

また、ボルフィリンは体全体に作用するわけでなく、塗った部分だけピンポイントで脂肪量を増やすということが分かっているので、体の他の部分には脂肪をつけたくない、バストにだけバストを増やしたいと思うぽっちゃり女子にはぴったりかもしれません。

他に、太った女子におすすめのバストアップ方法はナイトブラを使うということ。ぽっちゃり女子の場合、バストには脂肪がなくても、脇の下や背中にはよぶんなお肉がたくさんあるという人が多いはずです。

そこでせっかくたくさんある余ったお肉をバストへと誘導してバストにボリュームを与えましょうというのがナイトブラの役割なんです。

ただ、一朝一夕では結果が出るものではありません。毎晩ナイトブラをつけて寝るということを習慣にして何か月も続けることで、少しずつバストの形が整ったりバストに余分な脂肪を集約して固定することでボリュームを得ることができるのです。

ただ、他の方法と比べてもリスクはとても低い(というかほとんどない)ですし、つけて寝るだけなので続けることのハードルも低いので、もしあなたが今太った体と小さい胸のアンバランスさに悩んでいるなら試してみる価値は多いにあります。

大きいサイズでナイトブラを選ぶこともできるので、一度探してみるといいでしょう。

アラフォーからでもバストアップはできる?大人のバストケアに大事なポイントは?

アラフォーになると、体にもいろんな変化が起こってきます。バストの変化もそのひとつ。

特に多いのが、バストにハリがなくなったとか、バストがだんだん垂れてきたという問題。アラフォー女子のほとんどが直面する、重大な問題です。

とは言っても、今さらバストの形がよくなるなんてことはないよね、とか、この年になってバストを大きくするなんて無理だよね、、とか思っている人がほとんどだと思います。

もちろん、10代のころと同じようなバストに完全に戻すことは難しいでしょう。

ですが、きちんとしたバストケアと対策をすることで、今の残念なバストから脱却することは十分に可能なんです。

まず、アラフォーが抱えるバストの悩みのうち、垂れについて。

垂れは一般的にクーパー靭帯が切れてしまったり伸びてしまうことで起こると言われています。そして、一度伸びたり切れたりしたクーパー靭帯は元に戻らない、という話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは実際正しいんですが、だからと言ってアラフォーで垂れてしまったバストが一生そのままというわけではないんです。

ポイントは、バストのハリ。

だらーんと垂れてしまったバストというのは、表面的にもハリがなくなっている状態のはずです。特に、バスト上部にハリとボリュームがないので、自然とバストトップが下にさがってしまうのです。

この状態はアラフォーでも十分に改善することは可能なんです。

まず、バストマッサージ。特に、貧弱になってしまったバストの上部を重点的にマッサージするようにしましょう。このときに、ただ単にマッサージするのではなく、バストアップにいいと言われているクリームを使ってみるのもおすすめ。

特に最近では塗った部分に脂肪を増やしてくれる働きがあるというボルフィリンという成分が配合されたクリームが人気です。

こうしたクリームを使って根気よくバストマッサージすることで、バストから失われたハリを少しずつ取り戻すことができます。

バストの上部にハリが戻ってくれば、バストを引き上げる力も働くようになりますので、垂れも少しずつ改善します。

ただ、2~3週間くらい続ければすぐに結果が出るようなものではありません。特に、これまでずっと長い間放置し続けたことで垂れてしまったアラフォーのバストは、それなりに時間をかけてケアしてあげないと、なかなか思ったように改善の兆しを見せてくれませんので、気長に取り組むようにしてください。

そのかわり、コツコツと続ければ少しずつですが実感はできるはずです。

また、バストのしぼみ(ボリュームダウン)についても同じようなことが言えます。

アラフォーのバストは若いころと比べてハリがなくなっているので、しぼんでサイズも1カップくらいは小さくなってしまっているという人は多いのではないでしょうか。

ここでもハリが問題になってきますので、垂れ胸改善のときと同様にバストクリームを使ってマッサージをするというのは効果的です。

また、アラフォーのバストサイズには女性ホルモンも関係してきます。アラフォーになると女性ホルモンの分泌量が減ってきて、それによって乳腺の発達が押さえられてしまうためにバストがしぼんで見えるようになるのです。

これを改善させるためには、女性ホルモンのような働きをする成分を摂取するというのがおすすめ。

今ならいろんなサプリが出ていますので、リスクが少ないものを選んで飲んでみるといいでしょう。

バストアップ効果が高いと言われているのはプエラリアミリフィカのサプリですが、プエラリアミリフィカには副作用の報告もありますので、使う場合は慎重に品質などをチェックしたうえで使った方がいいでしょう。また、体質によっては副作用が出やすい人もいると思いますので、十分な注意が必要です。

もし副作用のリスクなしで女性ホルモンのような働きをする成分を摂りたいなら、プエラリアミリフィカ以外のもの、たとえば大豆イソフラボンなどを摂るのがいいですね。プエラリアミリフィカのように強烈な作用はないので、比較的安心して使うことができます。

それでも、体内に取りいれるものはちょっと怖いという場合には、ナイトブラなどを使ってバストをしっかり固定するという方法もおすすめ。

最近ではいろんな種類のナイトブラが出ていて、多くの女性たちが当たりまえのように使うようになってきています。

サイズやデザインも多種多様に出てきていますので、一度チェックしてみるのもいいでしょう。

サプリのように体内に入れるものではありませんので副作用のリスクもなく、またバストをきれいな形に整えてくれるのでサイズアップだけでなく垂れの改善にも多くのアラフォー女性が使っています。

アラフォーにおすすめのナイトブラは←こちらからチェックできます。

大人でもバストを大きくすることはできる?30代からのバストアップに効果的な方法とは?

10代、20代のころと比べて、しぼんだり、垂れたり、どうしても元気がなくなってくる30代のバスト。

本当はもっと大きなバストがほしい、ツンと上向きにきれいに形が整ったバストがほしい

というのが多くの30代女性の願望だとは思いますが、現実はというと、まったく正反対のお粗末なバストだったりするんですよね。

鏡に映る自分のバストを見るたびにがっかり。。なんて経験がある人も多いはずです。

実際にいろんなバストアップ方法を試してみた人でも、もしかしたら30代になるとバストアップはもう無理なんじゃないかと半分あきらめてしまっている人もいるでしょう。

ですが、30代はまだまだバストに変化を与えられる年代です。

10代20代のころとまったく同じようなバストを!というのはさすがに難しいかもしれませんが、今よりも自分の理想に近いバストにすることは十分に可能です。

30代のバストの悩みで一番多いのが、バストの垂れ。

バストを支えているクーパー靭帯という組織があるのですが、このクーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまうことで、バストの下垂が起こります。

若いうちにしっかりとしたバストケアを行っていないと、クーパー靭帯はどうしても伸びてしまいます。バストの重みを支えるためのものなので、重力がある以上は仕方がないことなんですね。年齢を重ねるほど伸びやすくなるのです。

このクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりすると元に戻すことはできません。

このため、30代になるとバストの重みを支えきれずにバストが垂れてしまうという人が多いのです。

クーパー靭帯は元に戻らないのであれば、垂れた胸を治すのは無理ということでしょうか?

実際、完全に垂れてしまったバストの場合若いころとまったく同じレベルまで戻すのは難しいでしょう。

ですが、30代ならまだバストケアのやり方次第では、垂れ胸を改善することは十分に可能なんです。

ひとつは、バストを支える筋肉である大胸筋を鍛えること。バストの大元の土台となる部分ですので、この大胸筋を鍛えることでバスト自体を支える力が高まります。

腕立て伏せなどの筋トレをしたり、胸の前で両手を合わせておすようなエクササイズをすることで、大胸筋を鍛えることができます。大げさなトレーニングでなくてもいいので、毎日少しずつ続けていくことが大事ですね。

また、バストの下垂だけでなくボリュームアップにも効果的なのが、バストアップクリームを使ってのマッサージです。

最近では、ボルフィリンという塗った部分の脂肪を増やす働きがある成分を含んだバストアップクリームが人気で、そうしたクリームを塗ってマッサージすることで、バストにふっくらとしたボリュームを与えることができます。

また、クリームを「バスト上部」に集中的に塗るようにすれば、デコルテ部分にもボリュームが出てバストの下垂を改善させることができます。

もしあなたが、垂れとしぼみの両方に悩んでいるなら、こうしたボルフィリン入りのバストアップクリームはかなり有効でしょう。ただ、こちらも1回2回使っただけでは効果は感じられませんので、少なくとも数か月は使い続けて習慣にするようにすることが大事です。

こうしたバストケアに加えて、最近人気が高いのがナイトブラの活用です。

若いころにきちんとバストケアをしてこなかった人には特に有効。寝ている間ノーブラの状態だとバストが揺れて動き回ってしまいますよね。仰向けになったらバストがどこにいったのか分からないくらいぺったんこなんて人もいると思います。

バストは脂肪でできているので、きちんと支えてあげないと、このように形が崩れてしまって垂れやボリュームダウンの原因となるのです。

なので30代ならナイトブラは必須アイテム。ナイトブラは昼用のブラと違ってワイヤレスのものを選ぶようにしましょう。しめつけがキツイと睡眠の質が悪くなったりして体に悪影響を及ぼすこともあります。

また、ナイトブラでしっかりバストを保護するためにも、ホールド力が高いものを選ぶというのもポイントです。バストが脇や下に流れてしまうのをしっかり防ぐだけでなく、脇などのお肉をバストに集中させて固定し、バストのボリュームアップにつなげることができるからです。

ナイトブラは着けて寝るだけでいいので続けやすいというメリットがあります。どんな方法でも30代でのバストアップは短期間で実現できることはないと覚えておきましょう。

ただ、逆に続けることができさえすれば、結果を出しやすいということ。続けるためのハードルもナイトブラならかなり低いですから、まずは試してみるというのをおすすめします。

とは言っても、どんなナイトブラを選べばいいのか、初めての人は特に分からないと思います。

いろんなメーカーがナイトブラを出していますし、ものすごく安いナイトブラも楽天なんかでは見つけることができるのですが、やっぱり機能的にしっかりしたものを選ばないと、きつすぎたとか、逆にゆるすぎたとか、バストを全然ホールドできないとか、そういった部分で「安物買いの銭失い」になる可能性もありますので、ナイトブラ選びは慎重に行うようにしましょう。

こちらで→30代向けのナイトブラおすすめをチェックしてみてください。

バストのためにはブラ選びが大事!昼も夜も適切なブラでバストケアを!

女性なら、少なくとも昼間外に出るときにブラジャーをしないという人はいないと思います。

ですが、あなたは自分のブラジャーについて真剣に考えたことがあるでしょうか。

もしこれまで、かわいいデザインやお気に入りの色だけでブラジャーを選んでいたとしたら、少し考え直した方がいいかもしれません。

「サイズだってもちろんちゃんと見てるよ!」

と思うかもしれませんが、サイズが合っているものを選ぶというのは常識中の常識。その上で、意識的に注意したいポイントがあるんです。

バストを守れるのはブラジャーだけです。

そのブラジャー選びをないがしろにしてしまうと、数年後に大後悔することになるかもしれません。

ブラジャー選びのポイント

ブラジャーを選ぶときに、サイズで選ぶという人は多いと思うのですが、果たしてあなたが思っているサイズは正しいのでしょうか。まずそこから疑わなくてはいけません。

特に、胸のサイズは自分で測るという人が多いはず。トップが何センチで、アンダーが何センチ。だから、このブラジャー!みたいに簡単に決めてしまうと、意外と合わないブラを使うことになるかもしれないんです。

なので、数年に一度でいいので、ちゃんとした下着ショップでサイズを測ってもらうようにしましょう。プロの手ではかってもらうというのが大事です。自分で測るよりも正確に客観的にとらえられるはずです。

自分で測ると、どうしても願望がそこに入り込んでしまいます。ありがちなのが、アンダーは小さめに、トップは大きめに測ってしまうということ。自分の理想としてはそのサイズかもしれませんが、実際には違うということは多々あることなんです!

そうすると、トップはゆるく、アンダーがきついブラを選んでしまうことになって、バストだけでなく体の調子にも悪影響を与えかねません。もちろん、トップ部分がしっかりフィットしていないとブラの中でバストが揺れてしまいますので、せっかくブラをしていてもあまり意味をなさないということになってしまいます。

正しいサイズのブラジャーを使うということは、ブラでバストをしっかりホールドしてあげることができるということです。これがバストの形を整えるにはとても大事なことなんですよね。そして、毎日の日常生活の中で生じる体の動きからバストをちゃんと守ることこそが、何年後かに年をとったときにもきれいなバストをキープするためには必要不可欠なんです。今のバストケアというのは、今のバストのためだけにやるわけではないということ。将来のあなたのバストが、今あなたが行うバストケアの結果ということなんです。

また、デザイン的に気に入ったものを使うというのももちろん大事ですが、バストケアという側面で見るなら、しっかりとバストを支えてくれるような作りになっているものを選ぶと言うことが重要。セクシーさだけではバストは守れませんからね!

昼だけでなく夜もブラジャーを!

ふだんブラジャーは外出するときだけしかつけない、起きているときだけしかつけないという人が多いと思います。

たしかに、過度にバストを長時間締め付けるのは体によくありませんので、そういう意味では「あえてブラをしないバストケア」というのも考え方としてはアリかもしれません。

ただ、ブラジャーをしていない時と言うのは、バストが上下左右に好き勝手動いてしまう状態だということだけは覚えておきましょう。

いくら、「私の胸は小さいから」と思っても、それでも毎日何時間もそういう状態にさらされていれば、バストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまったりして、バストがダメージを受けてしまうんです。バストの大きさには関係なく起こること。

なので、夜にもブラをつけて寝るようにすることが大事。

ただし、昼用のブラをそのまま使うのは絶対にNGです。どうしてかというと、昼用のブラというのは起きている状態を想定して作られているので、バストが下に下がるのを防ぐような構造になっているんです。逆に、夜寝ているときというのは、仰向けならバストは体の外側に向けて流れてしまいますし、横向きで寝ているなら横へと流れてしまいます。この流れを防いでくれるような構造になっているブラを使うべきなんです。

昼用のブラだってバストを支えてくれるでしょ!?と思うかもしれませんが、このように重力のかかり具合が全然違うので、そういった点を考慮して作られた専用のナイトブラを使うというのが体にも一番いいんですね。

また、昼用のブラはバストの形をキープするためにワイヤーが入っていますが、夜にワイヤー入りのブラを使うと締め付けが強すぎて体によくありません。気になってよく眠れなかったり、締め付けのせいで血行が悪くなることで、バストの成長を妨げてしまうこともあるんです。

なので、ワイヤーが入っていないノンワイヤーのもの、そしてノンワイヤーだけどしっかりとバストを支える力が高いものを選ぶこと。また、全体的な締め付けがキツイのもNGですので、体にストレスなく使えて、しかもちゃんとバストをホールドしてくれるブラというのがナイトブラとしてはベストと言えるでしょう。

最近ではたくさんのナイトブラが発売されています。それだけ夜のバストケアの重要性が多くの女性に伝わってきたと言うことでしょう。

ただ、選び方は昼用ブラと同じくらい重要です。上に挙げたようなポイントをしっかり押さえたナイトブラを使わないと、反対にバストにマイナスの影響を与えかねません。

おすすめのナイトブラはこちらのサイトで詳しく紹介されていますので、参考にしてみてください→ナイトブラ効果比較サイト

バストアップのための5か条!これさえ守ればバストは変わる!?

大きくて形のきれいな「美バスト」を手に入れたい!

女性にとって、美しく豊満なバストを手に入れることは永遠の願いだったりします。

でも、実際の自分の胸を鏡で見ると、

・小さい

・ハリがない

・垂れている

・離れていて形が悪い

そんなふうに、理想とは程遠いバストだったりして落ち込んでしまうこともしばしば。。

特に、バストが大きく成長する(はず)の10代前半でうまく育ってくれないと、大人になってからバストアップするのは難しいんじゃないかと考えがちですよね。さらにもっと大人になって30代40代になり、20代のころよりもさらにバストが劣化してきた、、、なんて悩みを抱えている人なら、「もうここからはバストはしぼんで垂れて小さくなっていく一方、、、これ以上悪くなることはあっても、よくなるなんてことはないな、、せめて20代のころのバストに戻りたいんだけど」なんて頭を抱えて、半分以上あきらめてしまっているという人もかなりいるはずです。

でも、バストだってケアしてあげれば少しずつですが形や大きさに変化はあるんです!大人になってからでも遅くはありません。

ここでは、バストアップに必要なバストアップのための5か条をお伝えします。もう遅い!?と思っている方も、最後の悪あがきと思って試してみてください!

1.姿勢をよくする

まず、一番簡単にできるバストアップ方法が「姿勢」です。あなたはふだんどんな姿勢で生活しているでしょうか?

スマホを使っている人の多くは、首が下がって前かがみの姿勢をとっていることが多いと言われています。また、仕事でパソコンを使っていると、どうしても姿勢が悪くなりがち。

こうした普段の姿勢をまず見直してみてください。

姿勢が悪く猫背気味の人は、姿勢を正すだけでもバストアップ効果は抜群に高まります。

まず、パッと見た目が変わります。猫背の状態だと、バストは重力で下がってバストのお肉は分散してしまいます。バスト上部もハリがなくなり、見たかんじだけでもかなりバストが小さく感じるはず。

その反面、背筋をピンと伸ばして肩を少し後ろに引くようなきれいな姿勢を取ってみると、猫背のときとの違いを実感するでしょう。バストトップも上にあがるので胸の形もよく見えますし、バスト上部がしっかりバストをひっぱりあげてくれるのでサイズも大きく見えます。

見た目だけでなく、このように正しい姿勢を続けることで、バストの形がキープされやすくなります。逆に猫背だとバストの形が崩れてしまうんですよね。

また、次の項でもお伝えしますが、姿勢がよくなることで全身の血流もよくなります。血流がよくなれば、バストに栄養をしっかり運ぶことができるので、バストアップにもつながるというわけです。

道具も時間も使わずに、一番簡単にできるバストアップ方法なので、あなたが少しでもバストアップしたいと考えているならば、まずはこの「姿勢を正す」ということを絶対に試してみてください。

 

2.血流をよくする

次に「血流」です。

上でも軽く触れましたが、バストに栄養を届けるには血流がよくないといけません。

バストだって体の一部ですから、ちゃんと栄養が届かなければ発達することができないんです。

血流をよくする方法としては、上にあげたように姿勢をよくすること、また、毎日お風呂の湯船にしっかりつかること、適度な運動を(ストレッチや軽いウォーキングなどでOK)行うことなどがあげられます。

 

3.女性ホルモンの分泌を促進する

バストアップに重要な役割を果たすのが女性ホルモンです。女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうと、乳腺の発達が阻害されてしまい、思ったように育乳ができません。

なので、一番いいのが私たちが自分の体の中で女性ホルモンを多く分泌できるようにすること。ホルモンバランスを整えるということですね。そのためには、規則正しい生活や適度な運動、しっかりと栄養バランスがとれた食事など、一般的な生活習慣を整えることが大事になってきます。

ただ、なかなか目に見えた成果が分かりにくいので、女性ホルモンと同じような働きをする成分を積極的に摂るというのもアリ。有名なところでは、大豆イソフラボンがありますね。豆乳などを積極的に飲むことで、女性ホルモンの分泌を促進したり、代わりを務めてくれるということなんですね。

 

4.睡眠をしっかりとる

ホルモンバランスを整えるには、質のいい睡眠はとても重要です。

睡眠時間が短いとか、寝てもすぐ目が覚めたりしてぐっすり眠れていないなど、睡眠になんらかの問題があるとホルモンバランスは崩れやすくなります。

ホルモンバランスが崩れて女性ホルモンの分泌が減ると、バストの発達を支えることができなくなりますので、なかなかうまく育ってくれません。

また、夜寝ている間というのは成長ホルモンが分泌される時間。成長ホルモンがしっかり分泌されないと、バストを大きくすることも難しくなります。

なので、できるだけ質のいい睡眠を毎日しっかりとることを意識しましょう。睡眠をしっかりとることは、バストだけでなく体全体や心の健康のためにも重要ですからね!

 

5.バストアップアイテムを使う

そして、最後になりますが、バストアップのためにはうまくバスト専用のケアアイテムを取りいれてみるといいでしょう。

バストアップには上にあげたようなことを習慣化するのが一番ですが、なかなか結果が出ないとモチベーションも下がってきてしまいかねません。

なので、バストアップの効率をあげるためにも、いろんなバストアップアイテムを使ってみるといいでしょう。

バストアップのためのアイテムはいろんなものが発売されていますが、最近のものは効率アップを助けてくれる質が高いものが多い印象です。なので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。バストアップクリームでも、バストアップサプリでも、ナイトブラでも、最近だとバストアップシールなんてのもありますね。

こうしたアイテムをうまく取り入れて、自分のモチベーションを高めながら効率よくバストケアをしてみてください。

バストアップアイテムの参考:ボイネストの効果を口コミでチェック

 

ここで取り上げたバストアップ方法は、どれも簡単にできるものばかりです。どちらかと言うと、意識の方が大事なものばかり。「絶対バストアップしたい!」という強い意思があるなら、少しだけ自分の毎日の習慣を見直してみるだけでも、バストにいい習慣への改善余地がたくさんあることに気づくはずです。

自分のバストを諦めてしまう前に、まずはここでとりあげた5つのポイントを試してみてください。